いつから玄関の鍵にダブルロックが登場したのだろう

Home / いつから玄関の鍵にダブルロックが登場したのだろう

最近のテレビ番組を見ていると、振り込め詐欺や空き巣の犯罪手口などが度々放送されています。そうした番組を見ていると、空き巣が住宅に侵入するために、鍵をピッキングしたりドアをこじ開けたりする時間は5分程度と言われています。空き巣が住宅に侵入する際には、常に時間との勝負ということを念頭に入れているそうなのです。従って、5分以上時間が掛かるという場合には、その家に侵入することをあきらめて他の家に侵入するというのです。そうしたことからも玄関の鍵には、補助キーを取り付けるなどをしながら空き巣が鍵を解錠するのに手間取るようにしておくとよいのだそうです。

ところで、いつ頃から玄関の鍵をダブルロックするという空き巣対策が登場したのでしょうね?私が察するには、ディスクシリンダー錠がピッキングという裏技で空き巣に簡単に侵入されるという情報を、多くの国民の方々が知るようになってからなのではないかと思うのです。従って最近のお家の玄関は、多くの確率で鍵穴が2箇所付いているという家庭が多いですね。しかしながら、我が家では二重ロックにはまだしていないという場合には、現在取り付けてあるディスクシリンダー錠からディンプルシリンダー錠といったピッキング犯罪にも十分に対抗できる施錠システムに変更した方がいいでしょうね。また、テンキータイプの施錠システムも有効な空き巣対策と言えるでしょうね。しかも、暗証番号を入力するタイプの施錠システムの場合には、当然のことながら鍵が必要でなくなるばかりでなく、暗証番号も定期的に変更することが可能になっているのです。

近年の空き巣の場合、ピッキングという従来からの侵入方法に加えて、サムターン回しやカム送りという裏技で現在ある施錠システムを攻略してくる場合もあるそうなのです。このように、空き巣対策の防犯システムも随分と普及しているので、どんどん最新システムを導入することをお勧めします。
鍵交換は東京 鍵屋へ。
犯罪情報/町田市ホームページ
渋谷区/忘れ物・落し物